凌辱地獄へ – 周防ゆきこ

SODクリエイトさんより周防ゆきこさんの

周防ゆきこ-優等生-凌辱地獄へ

を紹介します。

周防ゆきこ

かなりの腰振りポテンシャルを有している女優さんです。

ただSODさんなんでなかなか全開というわけにはいきません。

とりあえず移籍記念ってことで
女優さんだけでも紹介しとこうと思います。


ルックスは古のアイドルを思わせる風貌ですね。

なんていうか・・・おニャン子系?(古すぎか)

まずは制服を着ての学園レ○プシーンから。

制服学園レ○プ

教室+制服+レ○プシーンってことで腰振りは無しです。

机につっぷしての立ちバック時に男優が突き休んでる時など
尻を押し付けクイクイッとしたりと、かなりのポテンシャルを感じさせます。

お次は膣内をモニタで観ながらのオナニー。

膣内モニタオナニー

内臓フェチ待望のシーンですが、残念ながら膣内映像を正面から
観ることはできません。

画面中に映っているモニタを斜めから観るような形になってます。

なんでこんなめんどくさい形にしたんですかね?

こういうフェチズム軽視の気の利かないとこがSODはダメなんですよね。

次は男優との1対1ラブラブモードエッチシーン。

どうでもいいけどタイトルの陵辱地獄はどうなった?(笑)

脱ぐとナカナカの美乳。

美乳6パック

腹めに浮かぶ6パック・・・典型的な腰振りボディです。

パンツ越しに腰をクイクイ股間擦り付け。

クイクイ期待感

期待感が高まります。

そして騎乗位から挿入。

パンパン

まずは上下にパンパン。

その後、密着状態から腰をグイッグイッと折り曲げゆっくり抽送を味わう。

グイッ1sdca0001100

男優、「オマエの腰やらしいよ・・・好きに振っていいよ」と。

するとゆきこちゃん

「ホント?いやらしい子になっていい?」

と、言うやいなや猛烈な勢いで腰振り抽送動作を速めるっ!

速める

ひゃーっ、いやらしすぎっ!

それセリフ?アドリブ?

誰にそんな風に仕込まれたのっ?!

そんなこと言われて腰振られたらオジサンおかしくなっちゃうっ!(´Д`;)ハァハァ

M字状態でパンパン上下の後、腰から下のみを使ってグリグリッ!
M字でグリグリッ

そしてバックから正常位で終了。

バック素晴らしい正常位

騎乗時の展開自体は素晴らしいモノがあったんですけど、すぐに
上下動に移行したりとちょっと中途半端な部分があったりしてもったいなかったです。

お次は「イマラチオ 涙の激イキ潮吹きSEX」だそうです。

ゆきこちゃんの股間に画面横から男優の手が伸び、どこかで
聞いたことのあるテレパシーノイズが聞こえてきます・・・。

テレパシー

まさか・・・この声は・・・?!

そうっ!

黄金の指を持つ男、タカ・カトウですっ!

黄金の指タカ

ゴールドフィンガーを駆使し、ビュービューと潮を吹かせまくる。

そしてイラマチオへ!

イラマチオグボォッ

ゲロゲロはしないものの目に涙を浮かべながら鷹チンポを
喉奥までグボォッとくわえこむゆきこちゃん。

このドグマ的流れは・・・

騎乗シーンに期待感が高まりますっ!

正常位から挿入。

ゆきこちゃんの表情が明らかにいつもと違います。

完全に鷹ワールドにひきこまれてますっ!

正常位

鷹さん、彼女の腰振りポテンシャルを早くも見抜いたのか、正常位で振るよう促す。

正常位

するとゆきこちゃん、クイクイと鷹チンポを膣でコキあげるようにお尻を振り始める!

渾身の正常位腰振りっ!

振りは徐々に激しさを増し、そのままケダモノのような声をあげて激しくイッってしまう。

こんなゆきこちゃん観たことない・・・

すげぇっ!

すげぇよ鷹さんっ!

どんなに世間からウザがられようとも鷹さんは私の腰振らせアイドルですっ!

でも、もうちょっとテレパシー自重してくれ(笑)

そしていよいよ騎乗位へっ!

1sdca0001102テレパシー

ゆっくりと腰をくねらせ、密着してテレパシー送りながらズボズボ・・・

そしてやってくるは・・・?!

あれ

・・・あれ?

いきなり画面切り替わったよ

カットされたよ(泣)

いつものドグマパターンならここで身体を垂直にしたとたん腰がグリグリィッって
なって乳首キューッとしてまたグリグリグリィッ、イックゥーッって・・・

あーもうイヤっ、ホント勘弁してSOD

最後は正常位から口に発射。

発射

ゆっきーの乱れっぷりはハンパなかったんですけど・・・

あ~ぁ・・・

お次はレ○プ仕立ての3Pシーンです。

3Pレ○プSOD

腰振りはないです・・・あぁ、ここが陵辱か(苦笑)

って感じなんですけどまぁSODですからこんなもんじゃないですかね?

さて新天地は嵐を呼ぶスーパーガールさん。

そういえばHitomiさんもSODからそこに行って腰振りポテンシャル発揮してました。

まぁ良かったらまた紹介したいと思います。

凌辱地獄へ – 周防ゆきこ