恋夜【ren-ya】 ~第二十五章~ – 星崎アンリ

プレステージさんより星崎アンリさんの

恋夜【ren-ya】 ~第二十五章~

を紹介します。

恋夜第二十五章 星崎アンリ

応用は利きませんが、綺麗な前後動を見せてくれる女優さんです。

まぁとりあえずパケの裏のこの画像をご覧ください。

画像

なんて美しい腰ふり体勢!

もうこれだけで股間が熱くなる・・・

腰ふり騎乗位フェチの悲しい性です(笑)


DMMさんのライナーにはこう書いてあります。

「美女と過ごす甘い夜シリーズ。禁断の甘い情事。愛しき君に溺れる夜…。」

えっと・・・内容は一言で言うなら「オッサンのハメ撮り日誌」です(笑)

まずはファーストシーン、アンリちゃん登場。

アンリ

垂れ目ぎみの大きなマナコがかわいいです。

オッサンが甘い声でささやきます。

「アンリちゃん久しぶり・・・相変わらずかわいいね・・・

    目、大きくなった?」

・・・いきなり整形判定かよ、失礼極まりないな(;^ω^)

こんなんで甘い夜なんか演出できるんでしょうか?

さっそくオッパイ拝見。

オッパイ拝見

オッサン、谷間を覗き込みながら

「オッパイ大きくなった?」

モミながら一言

「張ってる・・・生理前?」

デリカシーの欠片もねーな(笑)

私、今確信しました。

永遠に甘い夜など訪れないと(笑)

そして軽くキスをした後

「あーヤバイ・・・キスだけで起ってきちゃった・・・」

と股間を触らせるオッサン。

オッサン興奮

なんか・・・アンリちゃんに興奮したっていうより
自分の言葉に酔ってるような感じなんですけど(笑)

そしてここから入念な乳首責め。

乳首責め入念

しばらくオッサンの甘い吐息ばかり聞こえます(笑)

そのままフェラへ。

フェラオッサン

オッサンの甘いささやきが・・・

「オチンチンさ・・・今まで何本くらいくわえたことある?」

・・・もうつっこむ気すら起きません(笑)

ここはこのまま口内発射からゴックン。

アンリちゃん、味を聞かれ「苦甘い」と答えると

オッサン、終始続けてきた甘い声で一言

「・・・糖尿病かな?」

と、自虐オヤジギャグをかましここは終了。

独り甘いひと時を過ごし、大満足でとっととシャワーを浴びにいくオッサン。

そして次のシーン。

部屋に取り残されたアンリちゃん。

ローターオナニーで自分を慰めます。

オナニー

自分勝手なナルシストオッサンにどんな思いをはせているのか
表情から推しはかることはできませんが、態度でしめしてくれているのでしょうか?

と、そこへオッサン、シャワーから帰還。

そのままローターでアンリちゃんを責め始めます。

ローターアンリ責め

バイブや小型電マ持ち出して、目隠し状態でグリグリズボスボ

やってることはその辺のオッサンとかわりません。

グリグリオッサンズボスボ

バックからズボッと挿入。

バック

背面座位で腰振らせるも、残念ながらこの状態で器用に振れるタイプじゃないんで
身体ごとグリグリ。

グリグリ

甘い夜を演出するなら、ここは対面座位で密着ラブラブ腰ふりじゃないですかねぇ・・・

フィニッシュは正常位からの中出し。

フィニッシュ

最後はベッドでの一戦。

ナメナメ

アナルナメナメ。

アナル

彼女にとってはさぞかし苦い夜になってることでしょう(笑)

正常位から挿入。

挿入

騎乗位へ移行。

ハメ撮りゆえアングルは正面からのみ。

ハメ撮りくねらせ

いやらしくくねらせる腰つきがたまらないっ!

フィニッシュはバックから正常位での腹上発射。

フィニッシュ正常位発射

脚プルプルしてるとかそんなどうでもいい会話でフェードアウト。

甘い夜のシメがそれですか?(笑)

まぁ、もう甘い夜とかはどうでもいいんだけど、パケの裏にある横からの
騎乗アングルがなかったんですけど?

新手のパケ写詐欺か?!

せっかくアンリちゃんがいやらしく腰振ってるんだからもっと活かしてくださいよ。

ぶっちゃけそこだけが救いなんですから・・・。

恋夜【ren-ya】 ~第二十五章~ – 星崎アンリ