美女の究極モザイクFUCK – 原更紗

アイデアポケットさんより原更紗さんの

美女の究極モザイクFUCK 原更紗

を紹介します。

美女の究極モザイクFUCK 原更紗

なんかすごい古い作品か、つい最近の作品ばっか紹介してほんの数年前のが
まったく紹介しきれてないんでこの方紹介したいと思います。

原更紗さんです。

典型的な腰振りボディの方ですね。

先日紹介した冬月かえでさんもそうでしたが、こういうスレンダーを通り越して、
一見病的なまでの細さを持った女性はかなりの確立で振れる女優さんが多いです。

主に上体を垂直にして前後に一定のペースで振り続けるタイプが多いですかね。

レゲエ系やゆまチンみたく前傾状態から尻振り上げてバスンバスン
打ち付けたり上体垂直からグリングリンしゃくりあげたりするタイプではないです。


まずは軽くトークで企画趣旨説明。

トーク

今回はモザイクをギリギリに入れますからと・・・

そんなこと女優さんに説明してなにかなるんですかね?

製作者側の問題でしょ、それ(笑)

さて、昨今のモザイク処理の変化について、腰振り騎乗位マニア的には
良い面悪い面あると思うんですね。

良い面としては、やはり腰全体の動きがとらえらるようになったことですかね。

だって昔はモザイクで腰振り動きそのものが隠されてるような状況でしたからね。

最近AV観始めた方がコレ見たら「どんないやがらせだよっ」って叫ぶこと必至ですよ。

悪い面としては、やたらと接合部を見せ付けるようなシーンが多くなったことですかね。

ガニマタで上下にズボズボ、画面全体がモザイクだらけになることもしばしば・・・。

もう・・・

想像しただけでイラッってくる(笑)

まぁ擬似ファック減少のきっかけにもなってるわけですから
むげに否定はできないんですけど。

ただもうどこのメーカーもおしなべて同じような状況になってるわけですから
そろそろモザイク見せつけ合戦はやめて、初心に帰ってきちんと艶技を撮ってほしいですね。

特にS1!

最初のエッチシーン。

酔っ払った更紗ちゃんが家まで送ってくれた男性を逆レ○プする寸劇。

ウェルカム逆レ○プ寸劇

「私ってそんなに魅力ないですかぁ~」

と迫る更紗ちゃん。

いやぁ、更紗ちゃんならウェルカムなんですがね・・・

リアルで興味のない女性にコレ言われたらね・・・

めちゃくちゃ対応困るんだよ?(マジで)

グボォっと、おフェラへ。

パクッ

ところが更紗ちゃん、喉奥まで突っ込んだ所でいきなり途中退席。

・・・

リバースしてるっぽいです。

戻ってくるやいなやキスを迫るもイヤがる男性(笑)

なんだかんだでなし崩し的にバックから挿入。

なし崩しバック

騎乗位へ移行。

騎乗位クイクイ

上下にパンパン動いた後、埋め込んだまま小さくクイクイ。

こういうタイプは身体が硬いのかM字体勢だと振りにぎこちなさが表れます。

後ろに手を着いた状態での前後腰振り。

前後腰振り

やっぱり腰から下のみを使って器用にクイクイッとはいかなそう。

上体を垂直にしての背面騎乗位へ。

背面騎乗位

きましたっ!

これぞこの体型の腰振り真骨頂!

妖艶に腰から下のみを一定のテンポで小刻み前後スライド。

華奢な身体でチンポをクニクニとコキなぶる様子は、レゲエ系などの爆振りなどでは
味わえないいやらしさがある。

最後は正常位からイキそうになったとこを口元まで持って行き、パクッと口内発射。

腹筋

しっかしこの方の腹筋はいつ見ても美しいなぁ・・・。

バイブオナニーでズボズボ。

バイブズボズボ

で、ソファー上で男性を目隠ししての責めシーンへ。

目隠し責め

膝に股間をこすりつけ。

膝

男性を道具のように扱い、イイオンナが腰振って快楽を貪る姿は興奮させられます。

目隠し、手錠を取ってお互いペロペロ。

手錠目隠しペロペロて

正面向いての座位で挿入。

座位綺麗

ムッホーッ!

綺麗な振りですっ!

いやらしく前後に一定のテンポでスライド。

その後はM字上下に終始。

M字上下

立ちバックなどを経て正常位からお迎え舌上射で終了。

立ちバック正常位舌上射

くすぐったがる男優を無視しての念入りなお掃除フェラがたまらんです。

申し訳程度のフェラシーンを挟んで

フェラシーン

ラストの3Pへ。

1人を責めてるとこへ・・・

3P責めて

もう1人横から登場。

もう1人横から登場

なんか全般を通して痴女設定ってわけでもないんでしょうが、終始こんなノリなんで
期待感が膨らみます!

痴女設定ノリ

そして挿入。

やはり騎乗位からっ!

騎乗位

M字開脚で前後にクイッ、クイッ。

M字腹筋クイッ

腰を前方にせり出すたびに浮かび上がる腹筋がたまりません。

もう1人をフェラしながらパンパン。

パンパン

チングリ背面騎乗を魅せるも、これで振るのはムリそう。

チングリ

隣チンポに移動し、背面騎乗で腰フリフリ。

隣チンポ背面騎乗フリフリ

滑らかなスライドが美しいです。

チンポしゃぶりながらグリグリした後、チングリ騎乗位へ。

チングリ騎乗位

やっぱりこれはムリっぽい。

上体まっすぐで抽送に終始。

まぁこの人の腰振りはそういうタイプじゃないですからね。

最後はなぜかダブルフェラ発射で終了。

ダブルフェラ発射

特に何か変わった設定があるわけでもなく、淡々とエッチシーンが続くだけなんで
作品としての面白さはないです。

しいて言うなら最初のシーンのゲロ吐きに行ったとこくらいですかね。

「え~っ??」って思ったのは(笑)

腰振りに関してはこういうタイプは好みの分かれるトコなんですよね。

一定のテンポでマッタリと腰をスライドさせてるだけなんで、ややもすると
単調で面白みに欠けるんですが、私的にこういう華奢な女優さんが
一心不乱に腰を前後させて、腹筋ムキムキさせながら感じ入る姿に
かなりくる物があるんですけど(笑)

まぁもちろん更紗さんの美貌あってのものですがね。

美女の究極モザイクFUCK – 原更紗


TSUBAKI 大和撫子エロス 原更紗


初ぴったりモザイク 原更紗