中出しできる人妻回春エステ

ROCKETさんより

中出しできる人妻回春エステ

を紹介します。

中出しできる人妻回春エステ

いつも思うことなんですけど、この設定で人妻キャラ活かした
演出施されてるの観たことないんですが(笑)


内容は人妻回春エステで禁断のハメハメサービス施されちゃう設定、4人出てきて腰振ってるのはその半分の2人です。

まず最初に登場は菅野さゆきちゃん、ベタな流れで最近勃ちが
悪いんですよねというお客様をカウンセリングスタート。

菅野さゆき

「夫とは別居中のワケあり人妻」とかテロップまで出して紹介されてますけど、
それが活かされる演出は皆無です(笑)

そしていざ施術へ、談笑ながらに念入りオイルマッサージ。

オイルマッサージ

半主観って感じの画ヅクリですかね、特に色っぽい話の展開などなく
淡々とモミ勤しんでおります。

施術着脱ぎ去り鼠径部中心マッサージへ、ギン勃ちチンポをギリで触らず
寸止め愛撫。

寸止め愛撫

四つんばいから腕を鼠径部にくぐらせてのタマ愛撫に悶絶しまくりのお客さん、
コレでイッちゃっていいですかと伺いたてるや我慢できたら良いコトありますよと
艶かしく囁かれ・・・

コレでイケそうになるってのもある意味スゴイ回春効果ですね(笑)

仰向けになって本格的に竿愛撫開始、雑巾絞り手コキから
口に含んで渾身マウスマッサージ。

マウスマッサージ

あーイイっすね、特に亀が亀食べてるかのようなフェラがたまんねッス (*゚∀゚)=3

頃合ヨシとオマンコいざない騎乗挿入、こんなことしちゃっていいんですかと
うろたえるお客さんに特に説明するでもなく淡々とガニマタ打ちつけ上下動。

騎乗挿入

盛り上がってきたトコで胸部の布取り去ってズッポリ埋め込み
ジミィな感じで擦りつけムーブ炸裂っ!

うやむや

グラインドと呼べるかどうか難しいレベルではありますが、うやむやなうちに
ここまで至った不条理騎乗展開が何気にツボです(;´Д`)ハァハァ

バックへ、サービスさせていただきますとばかりに身体ごと前後に
スライドさせての逆抽送。

バック

そこから不器用な感じで腰下うごめかしてのバック腰振り・・・
いやこれも腰振りと呼べるかどうか(;^ω^)

中出し風発射

そんな流れで中出し風発射、なぜか真正面から中出し汁垂れ漏れる珍しい画で終了。

お次は名前わからない寸胴2人組みによる施術、先ほどと同じような流れで
カウンセリングから淡々と施術。

寸胴2人組

我慢したらもっといいことありますよとダブルで竿シゴキ。

イニシアチブ握ってるのは右のお嬢さん、左の方は全くしゃべりません(笑)

渾身ダブルフェラ経て右の方から騎乗挿入、前傾のまま腰振り上下抽送っぽいこと
してるんですが中途半端な主観目線で真正面オンリーってこともあって
わかりづらいことこの上なし。

ダブルフェラ

とかやってる間に中出し風発射。

まだ私が残ってますと右の方騎乗挿入、こちらは完全うまのりマグロ。

マグロ

これじゃラチあかんとばかりに体勢入れ替え正常位ラッシュから2発目中出し風発射終了。

ラストは蓮実クレアちゃん、これまで通りカウンセリングから談笑ながらに
念入りオイルマッサージ。

蓮実クレア

ギリで勃起チンポ触らずの鼠径部マッサージにもう辛抱たまらんと
噂の性的特別サービスのさぐり入れるや、ソレ何ですか?と
微笑浮かべてはぐらかされる。

いやもうこのやり取りだけでタマランのやが(;-д- )=3

ゴメンなさいお客さんがあからさまに期待してるからついイタズラ
したくなっちゃったのと断って、いよいよ念願の竿マッサージへ。

クニクニ

クニクニ亀頭を手捻り愛撫からおクチに含んで口内トルネード責め。

お待たせしましたエロホール使ってのサービス開始ですと尻かかげてバック挿入。

バック

美尻フルフル揺りたわませてオチンポ揉み込む淫ら腰づかい猛炸裂っ!

はぁンそれ素敵っ、ステキなサービスなのぉっ(*´д`*)ハァハァ

そこから背面騎乗位へ、ガニマタ上下とコンボさせてオハコの
腰振り上下抽送でズリズリおチンポしごき倒しっ!

ガニマタ上下

おほぉっ、オチンポとけちゃうぅっっ(;´Д`)ハァハァ

正面向いて膝立てたまま上下と前後のコンボで猛ラッシュ。

中出し風発射

お客様の白い毒素搾り取ってあげますね囁きながらそのまま中出し風発射導き終了。

施術する側でもされる側でも隠しカメラ画が多いエロマッサージ設定なんですが、
ココは珍しく半主観でしたね。

まぁこういうのもたまにはいいですかね、特にイイカンジでエロ萌えムード
持ち込むクレアちゃんとのやり取りは何気に来ました(笑)

そんななか繰り出される渾身の腰振りマッサージサービス、
堪能させていただきましたm(_ _)m

中出しできる人妻回春エステ