僕の上司は痴女 – 浜崎りお

ワンズファクトリーさんより浜崎りおさんの

僕の上司は痴女

を紹介します。

僕の上司は痴女 浜崎りお

ホントにこの人は物凄くいやらしく腰をクネらせることができるのに
騎乗位シーンのほとんどが上下パンパンなんで腰振りシーンを探すのに
めちゃくちゃ苦労します。

まぁたぶんこれはメーカー云々のせいだけではなく彼女自身が率先して
そういう艶技をしていることにもよるんじゃないかと思うんですが。


内容はタイトルの通り、りおちゃんがキャリアウーマン痴女として
男を犯しまくる設定となっております。

まずは序盤、いきなり使えない部下に説教しまくりのりおちゃん。

りおちゃん

いやー、なかなか真に迫った演技ですね。

りおちゃんはこういう社会経験があるんですかね?

しかられながらもチラチラ脚や胸に目をやる部下。

胸脚

その度に「どこ見てんのよっ!」と怒られる。

そりゃ見ますよ、ねぇ?

「あんた男でしょ?・・・もっとしっかりしなさいよっ!」

と、怒気を強めるりおちゃん。

そして「あんたチンコ付いてんの?見せてみなさいよっ!」とムチャ振り(笑)

しかたなくチンポをひりだす部下。

チンポ

部下チンポをガン見しながら

「もっと大きくしなさいっ!」

と指示をだす。

ガン見大きく

「カリの部分をこするんだ~?」

「恥ずかしくないの?」

と、いつのまにか上司の説教が痴女の言葉責めにシフトチェンジ。

りおちゃんの言葉責めを受けながらチンポ擦り続ける部下。

そしてそのままりおちゃんの脚にドピュッと発射。

ドピュ

「どこに出してんのよっ!」

と、怒る表情がまたコワカワイイ(笑)

「汚した罰よっ!」ってことで唾液を飲ませる。

唾液罰

ある意味、ご褒美なんではないかと(笑)

そのままエッチに突入。

そのままエッチ突入

バックから挿入、正面を経て

バック正面

オフィスファックの定番!

机上で騎乗へ!

騎乗

基本的には上下主体。

だが時折みせるりおちゃんお得意のM字からの流麗な前後や
ローリングはいつもながら素晴らしい。

おろ?

これはめずらしい、りおちゃんの小刻み高速前後。

そのままゴム中出し発射。

ゴム中出し

勝手にイッてしまったことと精液量の少なさに不満を訴えるりおちゃん。

「ほんっと、ダメ男ねっ!」

と、マダオ認定(笑)

最後まで怒られっぱなしの部下でした。

お次は部下にマッサージをさせていたのが、いつの間にか
強制股間舐めに変わっていくシーン。

マッサージ強制

そして足コキ抜きシーンと続き

抜き足コキシーン

ラストのセックスシーンへ。

特に変わった設定もなく、部下に「汗かいちゃた~、手で拭いて」
身体まさぐらせてそのままエッチへ。

汗手エッチ

正常位から挿入。

正常位挿入プルプル

美巨乳プルプル眺め、いよいよ騎乗位へ。

軽く上下に跳ねた後、グリングリンとローリング。

ローリング

「い~っぱいグリグリしてあげるわっ!」

と、りおちゃん。

あぁ、このM字での滑らかなローリング腰さばき!

やっぱたまらんわ(笑)

後ろアングルからの上下ローリングしゃくりあげ前後のコンボ。

コンボ

だーっ、もうりおちゃんの腰使いでこんな風にチンポなじられたいっ!

密着ベロチュウ、上下パンパンからクチ吸ったままウネウネ。

パンパン

背面騎乗位での壮絶なグリグリ前後。

前傾姿勢で腰を打ち付けて

前傾姿勢

最後は正常位からの美巨乳発射で終了。

正常位

まぁさすがに終始腰振り騎乗位というわけにはいきませんが、りおちゃんの
通常作品としてはかなり振ってる部類じゃないでしょうか?

特に最後のカラミは様々なテクニックがバランス良く収まっていて
普通の騎乗位好きな方で、なおかつりおちゃんファンなら
かなり満足いく内容になってると思います。

全体としては、パワハラ、セクハラ全開の序盤に比べ、後半かなり普通っぽく
なってしまった点で、痴女モノとしてどうなのかって感も否めませんが
まぁ、そこはりおちゃんのエロ腰さばきっぷりに免じて許してあげましょう(笑)

僕の上司は痴女 – 浜崎りお


「女の口は嘘をつく。」 雌女ANTHOLOGY #076 浜崎りお


調教彼氏 ~ドM男のアナルを弄ぶ変態女医~ 浜崎りお